近頃、お肌がくすんできてるなぁと思った方は洗顔方法が原因

Pocket

近頃、お肌がくすんできてるなぁと思った方は洗顔方法が原因かもしれません。
くすみの元は毛穴につまった汚れ「角栓」。生活リズムの乱れなど、お肌の新陳代謝を妨げると、古い角質はいつまでも剥がれません。明るい肌作りの洗顔ポイントは、熱すぎないお湯を使って、保湿洗顔料で、しっかり泡立てて洗うことです。週一回くらいは古い角質を取り除くことができるピーリング石鹸を使用すると効果倍増です。知っての通り、ニキビは女性であろうと男性であろうと面倒なものです。
ほんのわずかでもニキビを作らないための方策をとっている人は少なくないと思います。ニキビケアに効果のある方法の一つに水洗顔が挙げられます。ニキビ顔になってしまうと、洗顔をまめにやりすぎてしまったり、洗浄効果の高い洗顔料で洗顔したい気持ちになりますが、これらはNOなのです。毎日仕事仕事で過ぎていき、気が付いてみるとアラサーになっていました。そんなある日、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見てびっくりしてしまいました。目のくま、ホウレイ線!無理をして、溜めこまれた疲労をそのまま表しているように思えました。この衝撃の日以降、私は心に誓いました。
どれ程疲れていようが、家に帰ったら今日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをきちんと行って、肌を大事にしよう、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。肌トラブルが酷くなり、自分でのケアのやり方が分からない際には、皮膚科の病院に行って相談すると安心です。肌荒れ用の保湿剤やビタミン剤等を必要に応じて処方してくれます。
さらに、早寝早起きで質の高い眠りをとるように留意し、ビタミンやミネラルを多量に含む食材を積極的に摂ることが必要です。肌を衰えさせる原因には色々ありますが、乾燥はぜったい無視できないでしょう。
表面の乾燥が続くと皮膚の深い部分の潤いが保持できなくなり、脂性と乾燥の混合肌に移行する人も多く、乾燥部分では小皺、脂の多いところで毛穴の開きなどが出てきます。
目の周りは代謝が低くて皮膚も薄いため外部からの刺激に弱く、シワが出現しやすい場所です。
若いころに比べるとコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が減るため、全体的に毛穴が目立ってきたり、シワやたるみができやすく、一度出来ると消えにくいのも特徴です。ニキビの根本は、ホルモンの過剰な分泌なのではと言われています。
ですから、伸び盛りにニキビになることが多いのです。
ニキビが出来ない心掛けは多種多様です。
その中の一つが、規則正しい睡眠時間です。
そうすると、健康的な日常にも繋がります。
老化した肌にはシミがない方が珍しいことと言えるでしょう。と言いながらも、どうにか改善したいと考えるのが女心です。私の場合で言うと最初に試したのはビタミンC誘導体、次いで、ハイドロキノンを使用しましたが、満足のいく結果ではなく、現在はレチノールを使用中です。最終的にシミと戦おうと思うと、レーザー治療ということになるのかもしれません。

コメントを残す